夏野菜料理パート2

0
    JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
    ふふふ、、、更新をサボっている間に夏も終わりますね。。。

    夏野菜の収穫ももう終盤です。

    事務所のMOKソーホーでは、ゴーヤは残念ながらほとんど大きな実がならず、
    キュウリはやたらと立派なのが今もなお、収穫できています。



    トゲトゲと花の名残が新鮮さの証しだよ!

    事務所の2階西向きの窓辺は、、、



    こんな感じ。



    室内の鉢植えとともに、やっぱり緑があるだけで随分と涼しげで、やっぱり癒されます〜。
    なんか子供かペットのような感じの愛着が沸いているのでした。。。



    自宅のマンションでは母がゴーヤとヤマイモを育てていて、
    ヤマイモは残暑の中、まだまだ成長を続けています。



    ゴーヤとヤマイモが絡まりあって渾然一体となってしまった。。。
    ヤマイモは秋には紅葉して、しかもムカゴを収穫する予定です。
    天井につっかえて可哀想だな〜(汗)



    この日のゴーヤの収穫。
    小さいけど味には問題なし!!


    この夏も、さんざんゴーヤチャンプルーを作りまくりました。
    今年ハマッたのが、ゴーヤ&ふーチャンプルーと、ゴーヤ入りビーフン。



    これはゴーヤ入りビーフンです。
    ゴーヤチャンプルーを作りつつ、途中でケンミンの焼きビーフンを投入するという、いたって簡単な料理。
    ケンミンに感謝。
    いつもお世話になります。

    友人達と、よく一品持ち寄りでご飯会などするのですが、
    ソーメンチャンプルーだと伸びてしまうし、豆腐は水気が出てしまうし、どうしたものかなぁ、、、
    という時に、固めのビーフンやお麩をいれてチャンプルーにします。
    すると持ち歩いてもビーフンやお麩が、野菜の余計な水分を吸ってくれてどうにかなります。
    ふーチャンプルーは異常に美味しいです。

    いずれの場合も色取りに赤のパプリカや卵をいれるのは欠かせません。
    といいながら、野菜はあるもので何でもいいのですが、卵だけは必須。
    ゴーヤの苦手な方も、ゴーヤを卵でコーティングすれば美味しくいただけますよね〜!
    あとは豚バラ肉かシーチキンか鰹節あたりがあれば最高です。



    つづいてうちのマンションで大量に育てているシソは、、、
    居酒屋風に、ささみの梅シソ巻きです。



    ささみを薄くスライスして間に梅肉を挟んで、フライパンでこんがり焼きます。
    味付けは梅だけでOK。
    中まで火が通ったら一度フライパンから取り出し、シソを巻きつけてからサッと両面を焼けば出来上がり。
    ごめんね、簡単な料理ばっか載せて。。。

    ポイントはシソは火を通しすぎないこと。
    色も悪くなるし、香りも落ちます。

    ビーフンも梅シソ巻きも、毎回10人分ぐらい大量に作りますが、
    だいたい父母と私で一日で食べてしまうことがほとんど。。。
    夏バテとか夏痩せとかしてみたいわ〜。。。

    父母ともに今年で喜寿になりますが、2人とも食欲旺盛で食べるのが好きというのが何よりです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM