モダンで伝統的な和室のデザイン

0

     

    「二人暮らしの平屋の家」の和室。

     

    正面の吊押入の襖は、アクセントに藍鼠色にしました。

    ちょうどお布団が入る寸法にしています。

    下まで全部を押入にすると部屋が狭く感じますので、浮いたように見せています。

     

     

     

    吊押入の上は格子戸の中にエアコンを入れています。

    襖も格子戸も片引戸になっていて、お布団の出し入れもしやすく、エアコンの掃除もしやすくなっています。

    そして足元には狆くぐりが。

    床の間のようなデザインを取り入れています。

     

     

     

    このショットは見学会の一コマ。

    狆ではなくお子さんがくぐっておられました(笑)

    子供って遊べるところを見つける天才ですね♪

     

     

    側面の4枚襖は、生成りの色の「雲肌」という伝統的な手漉き和紙です。

    この雲肌を自宅に使って以来、すっかり気に入ってしまい、何軒かにオススメして使わせていただきました。

     

     

     

     

    特徴は、光の加減や見る角度で微妙に変わる表情、雲のような水のようなフワフワユラユラした独特の風情にあります。

    風味が濃くないので、面積の大きいところや、何気なく柔らかい雰囲気を作りたい時などに使います。

     

     

    ただ、化学的な加工のない手漉き和紙ですので、小さなお子さんがおられるお家や、丁寧に扱うのが難しい部屋にはお勧めできません。

    常に手で触れるとモケモケしてきますので、必ず引手を触るようなディテールが必要です。

    使い方が激しくなりそうな場所でしたら、柿渋紙など耐久性のある紙をお勧めしています。

     

     

    和室との取り合いの障子を閉めても意外と良いです。

    アクリワーロンで作った障子の組子は、ここは思い切って極あっさりとしたデザインにしています。

    リビングの空気感が柔らかくまろやかになります。

     

     

     

     

    #暮らしの設計 #ツキノオト #和室 #押入 #襖紙 #畳 #ヨシ天井 #エアコンを目立たせない #格子戸 #引戸 #床の間 #狆くぐり #二人暮らしの平屋の家 #新築住宅 #マイホーム #注文住宅 #設計士とつくる家 #女性設計士 #和モダン #和風 #木の家 #大工とつくる家 #中瀬古工務店 #暮らしの設計ツキノオト #和紙 #雲肌 #伝統的な素材 #越前和紙 #光と陰  #和のインテリア #障子 #ワーロン #ダイニング #空気感 #陰影 #futagami #見学会 #大阪狭山市 #家づくり #木の家 #間仕切り #平屋 #二人暮らし #終の住処 #住宅設計 #建具デザイン #住まいづくり #心地よい暮らし #柔らかい光 #片付けやすい家

     

    JUGEMテーマ:住宅


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM