「梅林の家」の見学会報告・番外(BBQパーティーと建築物ウクレレ化保存の巻き)

0
    JUGEMテーマ:住宅

    またまた一日で2つの記事を投稿しま〜す。
    更新が極端な私です。

    さんざん報告してきた「梅林の家の見学会」ですが、今日のは素敵な番外編です。

    見学会のあと、大工さんや監督さんに来ていただき、
    住まい手さんが打ち上げのBBQパーティーをしてくださいました!!
    Yさん、本当に一日ありがとうございました☆



    見学会の参加者も飛び入り参加あり。



    ツキデ工務店の大工さんと監督さんたち。
    本当にお世話になりました!


    で、このパーティーで、建替えたお家だけではなく、素晴らしいもののお披露目があったのです♪♪
    その名も「建築物ウクレレ化保存計画」。

    美術家の伊達伸明さんが十数年前から取り組まれている活動で、
    取り壊す建物の廃材を使って、ウクレレに作り直し蘇らせるという計画です。
    (詳しくは http://www.cobastudio.com/hozon.html をご覧ください。)

    今回のYさんの解体前のおうちは素敵な数奇屋で、家族の思い入れが詰まっており、
    ただ、住み続けるにはかなり厳しい環境、ということで建替えることとなったわけですが、
    その思い出一つ一つを、伊達さんがウクレレに作り直し、新たな命を吹き込んでくださったわけです!!



    まずは伊達さんからのY邸ウクレレの解説。
    以前はお家でテイラーをされていたので、正式名称は「山○洋服店ウクレレ」です。

    こと細かに、「これは前の家の壁板だったところです。」
    「ここには天井に張っていた布クロスを再利用しています。」
    などなど、Yさんの思い出話もあわせて解説してくれました。



    聞き入る観客達。




    これがその生まれ変わったウクレレです。
    ちゃんと素晴らしい音色を奏でます。
    洋服店のハンガーについていた金物や、洋服店のタグ、
    床の間にあった飾りの黒檀、
    兄弟の手のあとが残った板など、細部にわたり再利用されています。



    伊達さんが一曲演奏もしてくださいました。



    Yさんのお母さんへ贈呈され、お母さんからご挨拶。
    非常に喜ばれて笑顔がこぼれ、グッと涙を堪えながらの挨拶で、聞いているこちらが感動しました。

    ツキデ工務店の監督・藤本さんからも、
    「僕はめったに感動しないけど、あのウクレレは良かったわ〜。」との感想が。
    解体のときに大工の岩滝さんと後野さんが丁寧にウクレレ用の材料を取ってくださったのが、こうやって蘇ったわけです。
    「梅林の家」の建物にももちろん、たくさんの昔の材料を再利用したわけですが、
    こんな風に形を変えて生かされ、さらに音楽を奏でるというのが、なんとも素敵ではありませんか?

    しかもウクレレって、どこにでも持ち歩けるし、手の中に納まるサイズだし、
    長年の思い出をぎゅっと圧縮している感じが、また良いと思います。



    どの部分はどこに使われているかなど、具体的な解説書つきです!!



    ウクレレの裏まで凝っています。
    思い出話に花が咲くYさん親子です。



    山○洋服店ウクレレの製作の様子が、なんと「暮しの手帳」2011年8月1日号に掲載されています!!

    思い入れの強い建物を、色んな事情で取り壊さねばならないとき、
    本当にオススメしますよ〜☆

    9/17には伊達さんとゴンチチのチチ松村さんがイベントでセッションされるそうで、
    見に(聴きに)行ってきま〜す♪♪


    「梅林の家」の見学会報告3(周辺になじむ外観と和テイストの自然庭)

    0
      JUGEMテーマ:住宅

      前回に引き続き、「梅林の家」の解説です。

      今日は、外観とお庭について。




      北側道路面の外観は、ごくごくシンプルな平入りの縦格子張りです。
      建替え前は、一見、旅館のような入母屋の華やかな外観で窓も大きく設けてありましたが、
      建替え後は「あまり目立ち過ぎず控えめにしたい」
      「道路からの視線が気にならないように目隠しをしたい」との住まい手の意向があり、抑えた外観としました。

      木部の色合いは周辺の伝統的な民家にあわせ、町並みにしっくり馴染むようにしています。
      白壁は漆喰です。

       

      植え込みや石積みなどは、元からあったものをできるだけ残しつつ、
      植栽の手入れをしやすいように、だいぶ刈り込んでボリュームダウンしました。

      と同時に、足元の山野草や和モダンにあう中低木を中心に、友人である造園家の嶋かずみさんにセレクトしてもらい、
      建替えにあわせレイアウトしてもらっています。

      私はというと、、、
      「ここにこんな樹種がほしい」
      「在来種や山野草など、日本の風土や和の庭にあう植物を中心にいれてほしい」
      「正面に、ゆくゆくシンボルツリーになる木がほしい」
      「手入れが楽になるようにしてほしい」
      「ここに目隠しの木がほしい」
      「ここに日除けに大きくなる落葉樹がほしい」
      「ここに石積み擁壁をつくりたい」
      などなど、超うるさい注文をつけるだけ・・・。

       

      通り庭の石畳は元のまま残しています。



      建物際には、解体時に取っておいた古瓦を再利用。

      6月にはさまざまな花が咲いていました。




      これは奥さんリクエストのハゴロモジャスミン。隣家との目隠しに蔓をワイヤーに這わせます。




      新しく入れた植栽には、嶋ちゃんがひとつひとつに樹木札を付けてくれました。
      これはボケ。

       


      カラタネオガタマ。バナナのような甘い香りがします。




      アジサイ。




      今回は真夏の見学会でしたので、花は少なめでしたが色濃い緑が青々と美しかったです。
      これは南の庭の風景。



      手入れをしてくれている麦わら帽の彼女が嶋ちゃん。
      以前は手入れが大変で、うっそうとした森のようになっていましたが、だいぶ伐採・剪定をして気持ちよくなりました。

      元からあった立派な庭石やアセビの木を生かしつつ、飛び石を置きなおしたり、低い目線の位置にさわやかな草花を
      足してもらっています。



      南側も道路に面していますので、南庭の一角に来客用駐車場を造っています。
      (Yさんファミリーは兄弟や孫たちが一同に集まると超大家族なのです。)
      駐車場は解体時に余ってしまった余分な石を再度積みなおし、その上に板塀を立てています。

      また、子供達が走り回れるように空地もつくり、そこには雑草防止でグラッピア(スーパーイワダレソウ)
      を植えてもらいました。
      空地を芝生敷きにすると、あとあとのメンテナンス(芝刈り)が大変です。
      グラッピアだと一面に緑のじゅうたんを広げながら、適宜、子供達が遊んだりして踏み固めることで
      不要な繁殖を抑えることができます。
      広く遊べる庭を造るときに、近年、重宝されている植物です。


       


      部屋から眺めるとこんな感じ。
      お寺の庭のような風情もありつつ、剪定・伐採により広がりも出ました。
      元々の庭も立派でしたが、手入れをすることによって気持ちよさが数段あがったと思います。

      いかにもな堅苦しい和風庭園だと盆栽のようにきれいに剪定してしまうところ、
      植木は形を整えすぎず、自然なりの樹形にしていますので、雑木林のような自然な趣も出たと思います。

      私も植栽計画などは大好きなのですが、
      今回は既存の石積みも多く、元のお庭も広く本格的な造りでしたので、
      庭のプロの嶋さんと伊覇造園さんに入ってもらいました。
      今まで知らなかった新たな植物もたくさん入れてもらいましたし、石の使い方などは色んな提案をもらい、
      大変勉強になりました。

      私も手入れに参加させてもらうなどして、この庭のこれからを見守っていきたいと思っています。


      「梅林の家」http://tuki-note.com/works2/umebayashi.html

      設計 ツキノオト船木絵里子+モモデザイン山本仁美
      施工 ツキデ工務店
      造園 嶋かずみ+伊覇造園


      「梅林の家」の見学会報告2 (思い出のしつらえと和のデザインの巻き)

      0
        JUGEMテーマ:住宅
        前回、「次回お楽しみに☆」と書きながら、引き続きの更新です(汗)
        ブログって忙しいんやなぁ。。。
        マメな人って尊敬するわ〜。

        ってな話は置いといて、お母さんのスペースの解説ですね!

        前回のサンルームの奥に、チラッと和室が見えていましたが、
        ダイニングキッチンなどの共用部と、お母さんのスペースは、つかず離れずの距離を保ち、
        互いにプライバシーは保ちつつ、でも気配は感じるし淋しくない、
        という「適度な距離感」をデザインした間取りになっています。

        まずは共用のメイン玄関。
        こちらは広いポーチがあり、家族みんなの自転車を置いたりちょっとした作業にも使いやすい場所です。



        メイン玄関とは違う方向に、お母さん専用の玄関。
        こちらは建替え前の玄関位置といっしょなので、通り庭の雰囲気も以前のまま、しっとりと落ち着いています。

         

        70代のお母さんはお友達や知人が多く、来客も頻繁にあります。
        子世帯の手をわずらわせずに来客を迎えたい、との意向から専用の玄関を設けています。

        夏用の玄関網戸を抜けると、お母さん専用の玄関土間。
        飾り棚の天板は、以前のおうちで使われていた板をきれいに磨きなおして再利用したものです。
        新たに製作した杉の舞良戸と、壁の和紙、
        それにお母さんのご主人、つまりお父さんが遺されたたくさんの骨董がなかよく調和して、素敵な玄関になりました。
        垂壁の落とし掛けは、枠の見付をおさえるために、刃欠け(はっかけ)という納まりにしています。



        玄関からお母さんの部屋へ。
        暑さ寒さよけ用のガラス戸には衝突防止用のシールが。
        普段は店舗設計をしている山本ピロさんの自主施工です(笑)。
        上り框は新しく工務店に調達してもらった桜の板。いい味出てます。



        逆にお母さんの部屋から玄関を見るとこんな感じ。



        随所に再利用している古建具が、お気に入りの古道具とあいまって良い雰囲気です。
        奥の丸窓は障子を閉めれば一層落ち着いた雰囲気に。
        風水から考えて、正面道路側に「丸」のデザインがほしい、ということでこの窓を提案しました。
        お寺や数奇屋に使われる丸窓の意匠を取り入れることで、
        より本格的な和の空間になったと思います。



        これはお母さん専用のミニキッチン。
        来客用の湯茶がここで用意できるのは嬉しいですよね。
        工事ではカウンター+シンク+IH+吊戸棚までとし、
        カウンター下は出来合いの収納を組み合わせてもらうことで、
        比較的お手ごろ価格でつくれるキッチンです。




        お母さんの部屋の本棚と座卓。
        座卓は座椅子の高さにあわせて、少し高めに、かつ重量が軽くなるように、ogumaさんに作ってもらいました。
        本棚にも古建具を使っていますが、巾が足りなかった分は枠を打ち足したり、
        大工さんには1つ1つ採寸しながら作ってもらったり、
        ツキデ工務店の大工さん・建具屋さんには細やかに配慮して施工してもらいました。
        天井照明も設計側で図面を書いて、建具屋さんに手作りしてもらっています。



        お母さんの個室から和室を見ると、、、
        ここには前のおうちから欄間を取り外して再利用しています。
        欄間には、なんと近江八景の風景が透かし彫りで!!
        素敵過ぎます。
        こういう貴重なものは何が何でも残さないといけません。

        余談ですが、私の父方の先祖は曽祖父まで宮大工で、祖父は黒檀紫檀の家具職人でした。
        戦中戦後の混乱でその流れは途絶えてしまったわけですが、
        私もこういったものを見ると血が騒ぎますし、こういったものを使う仕事に関われて嬉しく思います。

        それより何より、Y家の先立たれたお父さんが喜んでられるだろうなぁ、、、
        と、お母さんのホッとしたような笑顔を見ると感じられます♪


        肝心の和室正面の写真を撮り忘れたので、引越し前の写真でご勘弁。



        現在は、左手の仏間に仏壇が、正面には掛け軸が、右手の収納にはお布団が、
        畳下には普段使わないものが、それぞれ納まっています。
        ここの床柱はコブシの木。
        1ヶ所、木肌そのままの木を入れて際立たせているのがポイントです。
        仏間や床の間の板も再利用の板。
        収納の足元から向こうの通り庭の緑の気配を感じ取るのも、なかなかよいものです。

        新しいものもいいし古いものもいい。
        新旧が渾然と入り乱れ、お母さんのスペースと若世帯のスペースで趣が違うのも、
        「梅林の家」のおもしろい特徴です。
        全ての納まりや表現の仕方が異なるので、工務店さんにはずいぶん苦労していただきましたが、
        あのお母さんの素敵な笑顔で全て吹っ飛びますよね?

        いろんなことをモリモリ盛りましたので、設計としてはなかなか面白い住まいです。

        では、次回は外観とお庭の解説をします!
        お楽しみに☆


        「梅林の家」
        設計 ツキノオト船木絵里子+モモデザイン山本仁美
        施工 ツキデ工務店




        「梅林の家」の見学会をしました!!(リビングやキッチンをめでるの巻き)

        0
          JUGEMテーマ:住宅
           ふぅぅ、あっという間にすっかり更新をさぼってしまった。。。
          ここから一気にいろいろご報告しますよ〜☆

          予告しておりました、大津の「梅林の家」の見学会が無事終わりました〜!
          暑い中、お越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。
          また、住まい手のYさんファミリーには、住んでる中での見学会となり、
          一日お騒がせしてしまいましたが、本当にありがとうございました。(多謝!)

          http://tuki-note.com/works2/umebayashi.html の完成写真は引越前でしたので、
          3ヶ月暮らした生活感が出て、だんぜん良い感じになっていました!!
          やっぱり家は住んではじめて生きるものですね。

          「梅林の家」は二世帯の住まいですが、まずはご夫婦と3人のお子さんお母さんの共用部分&奥さんの家事スペースを解説していきます。

          ダイニングからキッチンへ。
          置いている雑貨など、奥さんの趣味がいいので、なんだか設計者としても嬉しいかぎりです♪





          ダイニングからリビングを望む
          高さを抑えた窓から見える夏の庭の緑がいい感じ♪



          リビングからサンルーム、さらに和室へ。
          家の中で回遊できるようになっています。
          普段はお子ちゃまたちが、おもちゃの車で激走しているのかな?
          垂木の間やテレビ上に間接照明を仕込んでいます。




          次はキッチン、かわゆすぎます!
          ここは奥さんのこだわりと、今回の設計パートナーであり住まい手の妹である山本ピロさんの提案とがうまくマッチしていると思います。

           

          棚下の間接照明もいい感じ。
          吊戸棚のガラスは、建替え前のおうちのものを再利用しているので、
          少しレトロなノスタルジックな雰囲気もただよいます。
          キッチン工事はogumaの大橋さんにお願いして、
          引出しの面材はタモの剥ぎ板、引手はチークの引手を作ってもらったり、
          かなり気合いの入った良い仕上がりです。
          (詳しくはhttp://atawogumablog.jugem.jp/?eid=69もご参照あれ。)



          こんな風にシンク下がオープンになっているのはゴミ箱などが置けて便利です。
          オーブンの両脇にオープン棚があって鍋とか置けるし。
          シンクの正面に少し腰壁が立ち上がってるのも、
          ダイニングから手元のごちゃごちゃが隠せてよいです。
          シンク左手のキャビネットは食洗機です。
          これも面材をタモ板に交換しています。



          こちらはキッチン裏にある家事コーナー。
          奥さんの趣味の小物づくりなどはここで。

          右手にはストック用の棚が並び、引戸を開けると玄関に繋がり、左手へは駐車場につながります。
          壁板は大分のユウキ木産の杉板です。
          ファブリックの使い方とバランスがいいので、気持ちいい家事室になっていますね!

           

          こちらは家事室につながる玄関とキッチン横の階段。
          階段から子供たちがお母さんのいるキッチンを覗けるようにしてるんだけど、、、
          また写真撮り忘れたので、その話はまた今度。

           

          玄関正面の飾り棚は、建替え前のおうちから取り外して再度据え付けたものです。
          上の塗り壁の垂壁のアールも、もともとあったデザインを踏襲。

          そう、「梅林の家」は、思い出を残しつつ生まれ変わる家なのです。
          先代から引き継がれたものを大切にしつつ、
          新たな若い世代が今とこれからの生活を育んでいくおうちでもあります。

          では次回は、建替え前のおうちの思い出が詰まった、お母さんのスペースを解説します!
          お楽しみに☆


          「梅林の家」
          設計 ツキノオト船木絵里子+モモデザイン山本仁美
          施工 ツキデ工務店

          梅林の家

          0

            JUGEMテーマ:住宅

             

            独立して最初に本格的に設計させていただいた住宅が滋賀県大津市の「梅林の家」です。

            http://tuki-note.com/works2/umebayashi.html

             

            テーマは「思い出を残しつつ生まれ変わる二世帯の住まい」。


            築80年の商家の建替えで、70代のお母さんとご夫婦と3人のお子さんが暮らす二世帯住宅です。

            以前の商家も情緒のある趣き深いお家でしたが、二世帯同居になり家族構成が大きく変わることを機に建て替えとなりました。

            思い出深い建替え前の名残をあちこちに散りばめ、外構の石積みや植栽や外観は以前の和の設えを残しています。

             

             

             

             

             

            室内も解体時に建具や板をできるだけ丁寧に保存して様々に再利用しています。
            特にお母さんのスペースは欄間を再設置するなど、落ち着いた和の空間としました。

            この欄間は滋賀らしく、近江八景が彫られた欄間だそうです。

             

             


             

             

             

             

             

            一方で、ご夫婦とお子さんのスペースは、奥さんのモダンな趣味の雑貨やインテリアにも馴染むよう、白い面の多いニュートラルな内装にしています。

             

             

            2階は子世帯の寝室と書斎です。

             

             

            書斎は北東の角に開かれた窓があり、この方向に桜並木を望みます。

             

             


            二世帯で玄関とキッチンはそれぞれ設けました。

            こちらはお母さんの玄関。

             

             

            メインに使う子世帯の玄関はまた雰囲気が違います。

            正面の飾り棚は建替え前の再利用で、モザイクタイル周りの漆喰塗りのデザインも以前の意匠を再現しています。

             

             

             


            トイレと洗面・浴室・物干しといった水周りは二世帯で共用するスペースです。

            その共用スペースを、子世帯とお母さんの居室の真ん中に挟み、互いのプライベートの空間は近からず遠からず、家族の気配を感じながらもプライバシーを保つ計画としました。

             

             

             

            トイレのカウンターは古家から外して取り置いていた栃の板です。

            ズズ黒く汚れていましたが大工さんに刷り直してもらったら、美しい杢目が出てきてきれいに蘇りました。

            家族の思いと多くの人の力が詰まった住まいです。
            大工さんを初め、たくさんの造り手も丁寧なプロの仕事で応えてくれました。



            新築住宅
            滋賀県大津市
            木造2階建て
            延べ面積 204.88 m2 (61.97坪)

            2011年4月竣工


            設計:暮らしの設計ツキノオト/船木絵里子
            +モモデザイン/山本仁美
            構造サポート:ワークショップ/安江一平
            施工:ツキデ工務店

            キッチン:oguma
            造園:嶋かずみ+伊覇造園


            | 1/1PAGES |

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM