函館の和洋折衷住宅

0

    JUGEMテーマ:建築/旅

     

    久々に純粋な観光旅行で20数年ぶりに函館に行ってきました〜!
    本格的な寒さが来る前に紅葉も楽しめました。

     

     

    山麓の教会建築や函館特有の和洋折衷の民家を見て回り、美しい風景においしい食事と心身ともに満足しました。

    洋館も和風邸宅も立派な美しいものが多いが、特徴的なのはやっぱり和洋折衷。

     

     

     

     

     

    明治・大正期に建てられた上下和洋折衷様式の住宅は、1階は和風、2階は洋風の外観をもつ独特な様式で、NHKの「美の壺」で見てからずっと訪れたかったのです。

     

    2階の洋風の外観は、海の船上から見ると街並み全体が近代化した洋風に見え、外国からの客人を意識してこの造りになったそうです。
    そして1階の外観は函館の町の人に馴染みある和風の出格子を用いて日本の格式を保ったようです。

    その柔軟な考え方が面白く、古い民家も現代の建物も上手に和と洋をミックスして街並みを美しく保っているのが気持ちよく、いろんな工夫や配慮を感じました。
    メンテナンスの大変さと保存のご苦労もしのばれます。

     

     

     

     

    さまざまな教会建築を楽しめるのも函館の魅力。

    多くの教会が中へも入らせてくださいます。(撮影は禁止)
    建築としても魅力的ですが、椅子に腰かけて静かにおじゃますると、その神聖な雰囲気に穏やかな清らかな気持ちになります。

     

     

     

    港の倉庫群は、屋内の各ショップや看板がやや観光地化されすぎな面もありますが、その建築や町の歴史を知るとまた見方が変わります。

    屋外の景観は保たれているところが多いのはさすがです。
    (それゆえ倉庫内部のブースのデザインに統一感がないのが少し残念。)

     

     

     

     

     

     

    こちらは昔の銀行の面影を残したままホテルにリノベーションした建築。

     

     

     

     

    お天気に恵まれて昼は晴天、夕暮れから夜景を堪能。

    函館では照明の色を町ぐるみで電球色に揃えているので、全体的に温かい雰囲気と味わいや郷愁を感じる夜景です。

     

     

     

     

     

     

     

    夜中には稲妻光る雷雨ながら翌朝には晴れるというラッキーぶり。

    伊丹から函館空港にすぐに行けるので、また建築や風景を堪能しに行きたいな〜、

    そして美味しいもの食べに行きたいな〜と思いました♪

     

     


    カルペディエムの草間彌生インスタレーションに行きました。

    0
      JUGEMテーマ:建築/旅
       
      今日はお仕事の話ではなく、私の好きなものの話。

      先週、近所のゲストハウス「カルペディエム」で行われていた、草間彌生さんのインスタレーションを見に行ってきました。
      古い建物が大好きで、お庭が好きで、アートも好きな私にとって、
      この立派な旧家と現代アートとの融合は、たまらないご馳走でありました。

      直島の民家を利用した家プロジェクトや、瀬戸内海の島々で行われた「瀬戸内国際芸術祭」に通じるものがあり、
      しかも自宅から自転車で5分ほどの場所でそんなものがあるとは、本当に嬉しく感激しました。
      仕事の合間に足を運んだのでほんの30分ほどだったのですが、カルペディエムはまたゆっくりと訪れたい場所です。
      次回は座敷を使った寄席のイベントがあるようなので行こうかな。。。

      もう本当にたまらない、夢のような時間と空間でした。
      しかし草間さんの人気がすごいようで人は多く、やはり人が少ない会期初めを狙って行くべきした。
      アート鑑賞にも民家探訪にも、両方とも静寂と時間の余裕はどうしても必要です。

      惜しげもなく見せてくださったカルペディエムのみなさまに深く感謝いたします。






       

       

        

       





       

      カルペディエム http://www.carpediem-osaka.jp/jp/index.html
      普段は外国の旅行者の方専門のゲストハウスです。
      時々、一般の方も参加できるイベントをなさっています。

      お邪魔いたしました。心身のごちそう、ありがとうございました。



      鹿児島に行ってきました♪(鹿児島散策といろいろ見学の巻き)

      0
        JUGEMテーマ:建築/旅

        鹿児島ではいろいろ見て回りました!
        屋久島には行ったことがあるのですが、本土は初めてだったのでイチイチ大興奮です。

        まず9日はシンケンのモデルルームと現場見学。

        元Ms事務所の先輩の田中貴之さんが、現在はシンケンでご活躍なので、
        いろいろと案内していただきました。

        マルヤガーデンにあるモデル。
        都心の商業ビルの一角に工務店のショールームとカフェが併設って、かなり斬新。
        いろんな方に立ち寄ってもらい、木の家の気持ちよさを五感で味わってもらうって大切です。



        さらにシンケンさんの建築中の現場も見学させていただきました。

          

        現場の細かな納まりや、現場の美しさ(整理整頓)など学ぶべきところは色々ありましたが、
        何より感心したのは、全ての窓が木製サッシであるということ。
        断熱性・気密性に優れ、かつデザインが優れて木の家に馴染む木製サッシは、
        できるだけ住宅に使いたいものの、かなりお高いのでなかなか使えません。
        この木製サッシは絶対にゆずらない、といったようなプロの理念って実はすごく大事なんだと思います。

        鹿児島は火山灰が降るので窓を開けたままにしにくい、ということもあり、
        開口部の設計と、窓の美しいデザインが重要で、
        窓を開けていないときの室内の快適性、というのが一年を通して重要だということなのでしょう。



        10日は元Ms事務所のスタッフを中心に集まり、
        知覧(ちらん)の武家屋敷庭園を見て回りました。

          

        知覧武家屋敷庭園とは、、、

        知覧は「薩摩の小京都」といわれ、生け垣と石垣が美しい武家屋敷が今も残っています。
        武家屋敷群の18haが国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、7庭園は国の「名勝」です。
        地区内は石垣で屋敷が区切られ、沖縄によく見られる石敢當(魔よけの石碑)や、屋敷入り口には屋敷内が見えないように屏風岩(沖縄のヒンプン)があります。

        他の地域の武家屋敷の石垣は野石乱積みが多いが、知覧の石垣はきれいな切石整層積みが中心で、石垣の上の見事な生け垣と共に清潔感あふれる風景をつくっています。






        やっぱり南国の日差しが鮮烈で、
        沖縄の古い石垣とイメージが重なります。
        植え込みも常緑のものばかりで、濃い緑がツヤツヤと光り、これぞ照葉樹林を生かした庭園。

        そしてやはり、石垣ってたまらない魅力があります。
        表の通りからは、屋敷の中が伺えないように石垣と植え込みが巡っているので、
        通りには、なんとも静かなタイムスリップしたような風景が広がっています。
        手入れが行き届いた刈り込みも美しく、しかし、南国の野性味も感じる、不思議な味わいでした。


        そのあとは、シンケンの家具部門である、
        シンケンウッドワークス川畑さんの工房やショールームを見学。





        川畑さんは私と同年代らしいんだけど、すでに色んな場でご活躍されてて、
        あぁぁ、日本各地にこんなにガンガンがんばってる人がいるんだなぁ、と改めて実感。
        日本国内の家具業界全体を元気にする方法なども模索されていて、いたく同感。
        日本のものは日本で作ろうよ。
        もっとメイドインジャパンを普通の人が使いやすくなる仕組みとか、私も考えて行こうと思います。


        さらに翌日11日には、
        田中さんの奥さまのマルさんと、お嬢さんのよしのちゃん(3歳)が鹿児島を案内してくださいました〜♪
        フェリーに乗って桜島上陸⇒展望台やビジターセンターを見学⇒垂水の道の駅でブリを堪能
        ⇒黒酢の醸造場に立ち寄り⇒霧島神宮⇒霧島温泉と、桜島と霧島をフルコースで楽しみました。

        桜島の荒々しさがかなり魅力的で、原始的な自然や地球の息づかいを感じました。
        屋久島でも感じましたが、やっぱり薩摩独特の太古の歴史を思い馳せます。
        一方、霧島は高原のため、さわやかで本州の山に近い気がしました。
        なんとなく鹿児島の様子が掴めたので、さらにまた探索したい欲が沸いてきています。




        田中さんご夫妻には連日本当にお世話になりありがとうございましたm( )m
        ほんと、鹿児島はいいところですね!
        また遊びに行きたいです♪



        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM