裸足の記憶

0

    JUGEMテーマ:住宅

     

     

    先日、我が家に来た姉が

    「ここの床板ってサラッとしてるよなぁ。

    うちのフローリング、拭いても拭いてもなんかベタベタするねん。

    ここみたいに気持ちよくなくって、何が違うの?」とのたまった。

     

    とうとうこの日が来たか・・・
    うちの床をクルミの無垢板に張り替えて8年半。
    身内の介護の手伝いに、ここ半年ほどよく来てくれる姉がようやく、うちの足触り・手触りに気が付いた。

     

    うちの身内では私以外の人間は、木の感触はもちろん、素材や空間のよさというものに、ほとんど関心がない。

    しかし、足の裏は覚えているのだ。
    手のひらと裸足の感覚は正直だ。
    姉は素足でうちを歩く機会が増えて、本人よりも先に足が気付いたのだ。

     

     

     

     

    裸足の記憶。
    私に濃い記憶を残したのは地中美術館のモザイク状の大理石の床だ。

     

    確か薄暗い雨の日。
    平日で人は少なく、モネの部屋で私以外に人はいたのだろうか?

     

    与えられたスリッパを脱いで裸足で歩いたり、座って床の手触りを確かめたり、細かい粒々の石の触感が心地よく。

    何かプライベートの空間に入り込んだような、部屋でモネと空間と親密になったような、

    なぜか空間と「ふたりきり」のような不思議な感覚であった。

     

    (直島は曇天の平日のひとり旅、人のいない時に心ゆくまで作品を味わうのがふさわしい。

    特に南寺は雨の日にひとりきりがよい。)

     

     

     

     

    地中美術館の大理石の足触りは鮮烈すぎて、毎日暮らす住まいにはふさわしくない。
    (家の一部だけなら有り得るかもしれないが。)

     

    家の足触りは、もっとさりげなく、そして心地よく、

    毎日触れても飽きのこない、柔らかすぎず固すぎず、使い込めばさらに味わいの出る素材がよい。

     

    私は複合フローリングやビニール床シートやウレタン塗装のベタベタ・ペタペタした足触りが苦手だ。

    裸足でそこを歩くときにはゾワゾワ気持ち悪くて、どうしても指が浮いてしまう。
    足裏全部を床につけることができない。

     

    逆に無垢の板や素焼きのタイルや石や左官などのサラッとした素材なら、スリッパをはくより断然、裸足がいい。

     

    姉は50代でそれに気が付いた。
    足の裏は正直だ。

     

     

     

     


    ハーフユニットと木のお風呂いろいろ

    0

      JUGEMテーマ:住宅

       

      ツキノオトの設計で一番多い浴室は、ハーフユニットと木のお風呂です。
      腰から上は温かみのある板を張り、腰から下はお掃除が楽で防水がしっかりしていて水切れもいいハーフユニットバスを組合せるパターンを多く採用しています。

      板をユニットぎりぎりまで張らずに、よく水がかかるところにはタイルや石や浴室用パネルなど水に強い材料を貼って、板の小口から水気を吸わないようにしています。

      あとはとにかく換気、乾燥です。
      24時間換気と開閉しやすい窓は必須、時には浴室乾燥機も入れますが、とにかく換気を欠かさなければ大丈夫です。

       

       

       


      1.梅林の家(大津市・施工:ツキデ工務店)

      ヒバの板+大判タイル+人工大理石+TOTOハーフユニット

       



      インナーテラスに向かって大きな窓が開いていて、庭の緑がきれいに見える浴室です。
      引き違い窓の中にブラインドが仕込まれています。

       



      2.日美の家(大阪狭山市・施工:中瀬古工務店)

      サワラ板+浴室用パネル+人工大理石+TOTOハーフユニット)

       



      こちらは板の手入れをご心配されていたため、天井と一面の壁だけを板張りとして、シャワーが取り付く壁は白いパネルとしています。
      こちらも窓から緑が見え、大きな鏡にも映り込み、浴室が広く感じます。

       



      3.奈良左京の家(奈良市・施工:ツキデ工務店)
      ヒノキ板+浴室用パネル+人工大理石+TOTOハーフユニット

       



      こちらはリフォームだったので窓の高さに合わせて板とパネルを切り替えています。
      以前はタイル貼りの寒い浴室だったのを、断熱を強化して見た目にも体感にも温かいお風呂になりました。

       

       



      4.福島のテラスハウス(大阪市・施工:羽根建築工房)
      サワラ板+ヒノキ板+タイル+日比野化学ハーフユニット

       



      こちらは都心の狭小住宅リフォームでしたので、浴室は1216サイズ。
      日比野化学工業だけが1216に対応可能でした。
      こちらも断熱改修とあわせ温かく気持ちよくなり、住まい手の70代のご主人は一番お風呂を気に入ってくださいました。

       

       


      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM