薪ストーブの憩暖さんに見学に行きました!

0

     

    薪ストーブといえばココ!!の河内長野の「憩暖」さんに見学に行ってきました。

     

    「中瀬古さんのモデルハウスには是非とも薪ストーブを入れたい!!」という思いが強く、モデルのコンペの時から「薪ストーブを家の中心に」と強く推してきて、ありがたいことに中瀬古さんご夫妻も乗り気になってくださって、ご一緒に見学に行ってきました。

     

     

     

    私が和歌山の木の家のモデルハウスのお姉さんをしていた時に、冬は毎日薪ストーブで広い展示場を暖めていたのですが、その時の気持ちよさが今も忘れられず、ぜひ今度のモデルでも体感していただきたいと思っていました。

    薪となる木材が手に入りやすい工務店さんなら特にぜひ!と思ったのです。

     

     

     

    憩暖の剣持さんと初めてお会いしたのは13年前。

    和歌山のモデルハウスのイベントで、薪ストーブを使って美味しいピザを焼いてくださったのですが、その時の参加者の嬉しそうな様子が木の家の暮らしによく似合う素敵な光景でした。

     

     

     

     

    シンプルでモダンなものからクラシックなもの、背の高いものから低いもの、三面ガラス張りやひとつもガラスのないデザインにもの、おまけにクルクル回るものまで、想像以上にいろんなタイプの薪ストーブがありました。

     

     

    そして薪ストーブのある家にかかせないのは、この薪棚ですね!

    ひとシーズンにこの写真の2~3倍の量の薪が必要とのことで、たくさんの量をストックできて、かつ敷地の顔になるようなデザインの薪棚を作りたいな~と妄想中です。

     

     

     

    あとは、木の家に薪ストーブを入れるには、遮熱や蓄熱などもしっかり考えて設置せねばなりませんね。

    今日得た知識をもとに、「薪ストーブのある暮らし」が無理なくできる家にするべく設計を進めます!

     

     

    JUGEMテーマ:住宅


    阪口製材所さんの見学に行きました!

    0

      中瀬古工務店のモデルハウスは、工務店さんと一緒に実際にいろいろ事例を見学しつつ、設計を進めています。

      3月末には、構造材をお願いする吉野の阪口製材所さんに見学と打合せに行きました。

      MOKスクールのツアーで中瀬古さんはすでに一通りご覧になって、社長のご実家が吉野地方のご出身ということもあり、今回は阪口さんの材をお願いしたいということになりました。

       

      まずは阪口さんの展示場である「吉野サロン」と「吉野MIX」を見学。

       

      師匠の三澤康彦さん設計の「吉野サロン」は吉野の木材の良さが分かりやすいように、木材を表に現した伝統的な架構の落ち着いた雰囲気のサロンです。

       

       

       

       

       

       

      一方、お隣の「吉野MIX」は西浦敬雅さんの設計で、こちらは対照的に白い塗り壁で空間を包み、床と天井の板材の美しさをシンプルに際立たせるような空間。

      見える化粧材だけではなく下地材にも節物の吉野材を使い尽くしてもらいたいという阪口さんの思いから、2棟の対照的なデザインのモデルが生まれたそうです。

       

       

       

       

      2棟のモデルを見学してから、近くの工場にて今度使う予定の木材の様子も見せていただきました。

       

       

       

      阪口製材所さんは膨大な量の天然乾燥材をストックされているので、一般的な寸法の木材は十分なストックから用意してもらえるため心配なく対応いただけるのですが、今度の中瀬古邸のモデルでは少し特殊な寸法の長い化粧垂木を用意していただくため、その色味や節の様子をあらかじめ見せていただきました。

      吉野の杉はやはり赤い色が美しいです。

      乾燥した良い状態の木材を現場に入れていただくためには、数量を揃えて準備いただけそうか、納期や材のグレードや価格もあらかじめ早めにご相談しておくことが大切だと思っています。

       

       

       

       

      五条の広大なストック置場も見せていただき、杉・ヒノキだけではない吉野地方の色んな木を使ってみたい気持ちも沸き、大黒柱は何にしようか、、、などと楽しみも増えました。

       

      阪口さんにいろいろご質問すると単なる木材のことだけでなく、吉野材を使った家づくりについて色んなお話やノウハウが伺えて大変勉強になりました。

       

      これからの設計のブラッシュアップに生かしたいと思います!

       

       

      JUGEMテーマ:住宅


      地球の会のプロポーザルコンペ「中瀬古工務店モデルハウス」の設計者に選ばれました!

      0

        JUGEMテーマ:住宅

        昨年の秋に「地球の会」のプロポーザルコンペがあり、生まれて初めてのコンペ参加でしたが、無事、大阪の中瀬古工務店さんのモデルハウスの設計者に選んでいただきました!

         

        「地球の会」は国産材を使った木の家づくりをする工務店の全国組織ですが、昨年から設計者とのコラボを進める事業が始まり、私も建築家会員としてメンバーに入りました。

        その初めてのコラボとして、中瀬古工務店さんの社長のご自宅兼モデルハウスの設計者を決めるコンペがあり、「大阪で、モデルで、しかもご自宅として住んでいただけるなんてサイコーやん!!」っと意気込んでコンセプトや計画案を出させていただきました。

         

        錚々たる工務店さんや、川口通正さんや横内敏人さんといった著名な建築家の方々の前でのプレゼンとなり、ひっさびさにドキンチョーいたしました。

        でも、自分がベストと考える「モデルハウス兼ご自宅」の見せ方や暮らし方・造り方をできるだけ分かりやすくお伝えしたつもりではあります。

         

        おかげさまで設計者に決めていただき、昨年末には中瀬古さんのご家族にもお会いして、今一度、最初からご要望のヒアリングをしたり、敷地や法的な要件を詳しく調査したりしつつ、再プランを進めています。

         

        中瀬古工務店さんにとっては初めてのモデルハウス建設となります。これからの家作りの指針となるようなモデルを形にしたいです。

        造り手である中瀬古さん、住まい手となるご家族のみなさん、そして設計者である私とで、いろんな考えを出し合って、理想のよい住まいを形作っていきたいと思います。

         

        10数年前に木の家のモデルハウスのお姉さんしていた私の経験もようやく役に立てるかもしれません。

        多くのみなさんにもアドバイスをいただいたり、ご協力をお願いすることもあるかと思います。

        がんばりますのでよろしくお願いします!!(^^)

         

         

         


        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM