ものもりの森へ

0

    JUGEMテーマ:庭・森・自然

     

    先週末、岐阜白鳥の「ものもりの森」に初めておじゃましてきました。

    本当は自由学園の学生さんのワークショップに同行させてもらう予定が、台風の影響でWSが中止になり、急遽ほぼマンツーマン?のような贅沢な森ツアーになりました。

     

     

    ここの主役はあくまでも森で生きる広葉樹たち。

    より良い森にしていくために、
    「この木は伐り出してもっとここに光が入るようにしよう」とか
    「この木はこのまま残して100年後に使ってもらえるように周りを手入れしよう」とか
    「この木は実生の子孫を残してもらうために母樹になってもらおう」とか、
    あくまでも森や自然のためにどうあったら持続的につながるかということを考えての木材利用と育林がされています。

     

     

    私も岐阜の森林文化アカデミーにいたときはいつも山や森とつながって木を使っていたのに、今は自分が町で木を使うときは、もう丸太になったり製材された状態で出会うことが多くて、
    「この木は私が使ってもよかったんだろうか?」
    「この子はどこの山で育ったんだろう?」
    「皆伐や乱獲で自然を荒らすことにつながってないだろうか?」と不安に感じることが多々ありました。

     

    特に広葉樹に関してはどこの木材か入手ルートが追えないことがほとんどで、外材にせよ国産材にせよ、常にその不安がつきまとっています。

     

    「もの森」ではちゃんと広葉樹を育てつつ、少しの小径木や曲がった木や風倒木も、家具材や木工雑貨として上手に使われ生かされていることを見て、なんかホッとしたというか、ちゃんと未来や本質を見すえた心ある森づくり・ものづくりを試行しているところを見せてもらって、ありがたく思いました。

     

    実生からたくさん生えてきたブナの赤ちゃんたち。

    鹿よけの柵の中ではミズメの幼樹などがたくさんスクスク育っていて、まるで樹の幼稚園のよう!

     

     

     

     

    そして麓の白鳥林工さんには伐木が製材されていて、特に出会えてテンション上がったのはシナの木!
    今までシナベニヤのような製品でしか見たことなかったよ。
    ごめんよ、ちゃんと山で生きてたのになぁ、何も知らなくってゴメンよ〜って思いました。

     

    他にもカエデ・クリ・カバ・ナラ・ハンノキ・アオハダなどなどいろんな木を見て、うちら人間は命あるものを分けていただいているんだなぁと改めて感じさせてもらいました。

     

     

    日本の広葉樹は資源としては減っているとのこと。
    皆伐されたあとに放置されるか針葉樹を植えるかするなどにより、良好な広葉樹林は減っていることなど聞き、ただ「好きな木を使えばいい」という無計画な消費はあかんなと肝に命じています。

     

    時々は川上の源流の状態をちゃんと知って、この良さも問題も身にしみて感じないとな〜と思いました。
    ごめん、忘れてて。

     

     

    普段の建築の実務のセミナーなどのタイトルで、
    「設計事務所が生き残るには」とか「令和を勝ち抜く工務店とは」とか「企業の成功や成長」といったお題目を見かけるたびに、「なんか違う」「なんか気持ち悪い」「なんも来ん!」「なんも響かん!」と強烈な違和感を覚えていました。

     

    自分や自社の利益だけを追っているのでは物事の真理からどんどん離れていくばかり。
    自分の直接的な利益にはならないけど、未来への持続や周辺への繋がりを探っていくことが人の幸せにつながるのではないかというボンヤリした思いがあります。

     

    たぶん自分の感覚は間違っていない。
    木のこと、自然のこと、家のこと、人のこと、時々は自分の原点を思い出すようにいろんな源流や取り組みを訪ねたいなぁと思います。

     

     

     

     


    大阪和泉の山へ

    0

      JUGEMテーマ:庭・森・自然

       

      今日は工務店さんと設計仲間とともに大阪の和泉市の山と製材所を見学に。
      戸田材木さんのご案内で和泉の岡兵木材さんの山へ。

       

      岡兵さんは山持ちであり、林業の施業もする自伐林家であり、自社で製材までされる、非常に稀有な林業家です。
      山守から製材まで一連でされているので、どこで伐られたか分からない木ではなく、「この山のこの木で家を建てる!」ことがリアルに可能です。

       

       

       

      驚いたのが目の細かい良質な材木が多く、特に杉よりも断然ヒノキが多く植えられていること。
      100年生以上の大阪産の高級ヒノキがあること自体にビックリ。
      吉野の影響で密植された杉ヒノキを適宜選んで択伐されています。

      大阪の山にこんな良い材木が得られる森があったこと自体が意外でした。
      和泉市なので大阪の都市部からも近く、午前中だけで行って見学して帰ってくることができました。
      泉北地域からは車で20〜30分の近さ。
      これは文字通り、「近くの山の木で家を作る」ことができます。
      とても興味深く、いつかぜひこのヒノキを住まいに使いたいと思いました。

       

       

       

       

       

      大阪産の木材や山にご興味のある方は、まずは戸田材木さんまで!
      適切にアテンド、思いの詰まった熱い詳しい説明をしていただけます。
      岡兵の岡本さんはシャイなのか、黙々と伐採したり製材したりといろんな工程を見せてくださいました。

      いつかMOKスクールのツアーしてもらいましょう。
      朝から昼過ぎまでで帰ってこれる近山&林業ツアーです。

       

      山の中は去年の台風の爪痕がまだまだそのまま残っています。

      この山を整備して持続可能な林業や木の家づくりを続けていくために、適正な価格で和泉の山の木を使う必要があります。
      ぜひ多くの心ある方に和泉の山とつながっていただけたらと思います。

       

       

       

       

       


      テーブルやカウンターに使う板は?

      0

        JUGEMテーマ:住宅 
         

         

        今日は板のお話。

        ツキノオトの作る木の家では、テーブルやカウンターにももちろん無垢の木を使います。
         

         

        柱や梁には主に国産の杉を使いますが、テーブルやカウンターには目的に応じて様々な樹種の木を使います。

        ただ物を置く棚のようなところだと針葉樹の杉を使いますが、杉は柔らかく傷がつきやすいので、ダイニングテーブルや勉強机といった堅さが必要な場所にはクリやサクラといった広葉樹を使います。
         
        広葉樹には散孔材と環孔材という大きく2種類に分類できます。
        散孔材は木目がハッキリしないスベスベした肌触りが特徴で、ブナ・カエデ・ウォールナット・サクラ・トチといった木材が散孔材です。
        一方の環孔材は木目がハッキリしていて、触ると木目が分かるような材も多く、クリ・ナラ・タモ・ケヤキといった木材が環孔材です。
         
        テーブルがスベスベの木がいいかどうかは目的しだいです。
        姫室の家ではワークコーナー・図書コーナーのカウンターや机はどこでも勉強や事務作業ができるようにしてほしいというご要望でしたので、「字や絵を書く」カウンター類はすべて散孔材のブラックチェリーの巾ハギ板にしました。
         

        ダイニングの壁沿いにL型にブラックチェリーのカウンターを設けています。
        ここは奥さんのワークコーナーであり、お子さんたちが宿題などをする勉強机になります。
        杉などの柔らかい木や木目のハッキリした木だと紙を置いて字を書くとガタガタしてしまうのですが、チェリーはスベスベなのでプリントなどに文字を書いても全く問題ありません。
         

        こちらは2階の図書コーナーのカウンター。
        ご主人の事務机でもあり、お子さんも並んで本を読むこともできます。
        ブラックチェリーのカウンターが周りの木よりも濃い色で空間を引き締めてくれています。
         
        このチェリーの巾ハギ板は大阪の橘商店さんに注文して、必要寸法に合わせて接いでいただきました。
        ほぼ無節の赤身ばかりで接ぎ合わせてくださってるのでとっても美しいです。

         
        下の写真のトイレ手洗いカウンターは梅林の家のトイレ手洗いカウンターで栃の木を使っています。
        この栃の木は、トチ独特のみごとな杢(模様)ですが、これは建替え前の古いお家の板を再利用して擦りなおしたら、こんなに美しい杢が出てきたものです。
        栃も散孔材なのでスベスベしていますが、トチはこのなんとも言えない風合いが特徴の板になります。



        さらに下の写真は小ギャラリー・AFANのキッチンのカウンターで、ブラックウォールナットです。
         


        このブラックウォールナットは橘商店さんの材木市で手に入れたもの。
        ウォールナットとしては巾が狭いために格安で手に入れましたがキッチンのカウンターとして使うなら十分なサイズです。
        皮付きの皮を大工さんに剥いでいただいて、ツヤツヤ・スベスベと気持ちのいいカウンターになりました。

         
        そして下のダイニングテーブルは我が家のクリのテーブルです。
        広葉樹はなかなか国産材は手に入りにくいのですが、この栗は岐阜県産のクリの巾ハギ板になります。
        岐阜の白鳥林工さんのほぼ無節のクリパネルです。
         

         
        クリは少し木目の感触はありますが、きれいにカンナをかけてもらいましたので今のところメモを書くなどの時に気になるほどではありません。
         
        クリの板を使うときに気にするべきは鉄分とタンニンによる黒ずみです。
        うちのテーブルは調理台として使うことも多く、どうしても鉄の缶や調理器具を置くことも多く、紅茶やお茶といった水分をこぼすことも多いために、鉄とタンニンが反応して部分的に黒変してしまうことがありました。
        ですので、調理台として使うならクリはお奨めしません(^^;;
         
        テレビ台や電話台もクリで作っていますが、こちらは問題なく美しいままです。
         

        このように、テーブルやカウンターに使う板は、使い方によって適切な樹種を選ぶ必要があります。
        どんな目的で使うのか、どんな雰囲気が好きなのか、実際に家具屋さんや材木屋さんなど板の見た目や触り心地を見ながら選ぶのも楽しいものですよ。
         

        木の家にあうスイッチやプレートのお話

        0
          家のスイッチやコンセントにどんなものを使うかは、案外インテリアの印象を大きく左右します。
          かっこいいシャープな家なのか、やわらかく優しい印象の家なのか、モダン、ナチュラルなど、いろんなデザインにあったいろんなスイッチやプレートがあります。


          最近よく目にし、特にこだわらなければおのずと付けられるスイッチが、このワイドスイッチです。
          スイッチが大きいために、老人や子供などどんな人にも使いやすく操作しやすい、というのが特徴です。
          一方で、少し仰々しい、利便性重視の現代的なデザインということも言えるでしょう。


          便利なのはいいけれど、果たしてこれが最適なスイッチなのか?
          それは、その住まいや住んでいる人にあわせて、ケースバイケースで検討するべきです。
          大きなスイッチは悪目立ちもするし、私はなぜか威圧的な印象を受けてしまいます。。。


          一昔前はこんなかわいらしいスイッチが主流でした。


          こんな白のシンプルなものや、、、


          あっさりとした印象の新金属プレート。


          こんなレトロなアメリカンスイッチ(タンブラスイッチ)というものもあります。

          他にもシンプルなかっこいいスイッチやコンセントなどいろんなタイプが、JIMBOなどいろんなメーカーから出ています。




          我が家は、築年数のたった古いマンションのリフォームでしたので、
          既存のスイッチプレートにあわせ、新設部分もすべて新金属プレートでそろえました。

           

          既存の古い部分を生かした味のあるリフォームであれば、ワイドスイッチのような味気ないプラスチックの現代的なスイッチはあまり馴染みません。
          高齢の両親も既存のスイッチに慣れているので、今のところは全く問題ありません。

          ただ、新金属プレートではあわなかったところが1ヶ所ありました。。。
          部屋の中央の大黒柱につけたスイッチとコンセントです。
          ここはどうしても部屋の真ん中にスイッチとコンセントが必要であったので、造作柱を2つあわせて真ん中に配線を通し、一見、1本の大黒柱のように見せています。
          この柱に新金属プレートは主張しすぎです。。。

           こりゃいかん。。。

          というわけで、佐賀の「樹の森」さん(http://kinomori.jp/)の木製スイッチプレートを取り寄せて、4口スイッチと2口コンセントのプレートを木に交換しました。
          樹種は何種類か選べるのですが、今回は柱のスギにあわせてスギのプレートに。
          柱の写真を「樹の森」さんに送り、色目や木目の近いものを選んでいただきました。
          柱が吉野杉の濃い赤身だったので、プレートには少し柿渋で赤味を加えました。





          これでずいぶんと落ち着いた大黒柱になってくれました。


          このように、スイッチや配線を目立たないように馴染ませたり隠したりするのもデザインですし、
          逆にあえてかっこよく目立たせるのもひとつのデザインです。

          こちらは我が家の配線ダクト。
          リフォームで壁が移動したので、電気配線が露出したところを鋼管でカバーし、天井のコンクリートスラブを白く塗装したのにあわせて、鋼管も白く塗装しました。




          スイッチやコンセントもあえてダクトごと露出させてかっこよく見せるというのもアリです。

           

          この場合は、フェミニンなかわいいインテリアというよりは、少し男っぽい、工場のようなガレージのようなかっこいいざっくりした内装とも合いそうです。
          「山の棲家」では無駄な配線スペースを減らすためにも、2階は主にこの露出タイプのスイッチやコンセントになります。

          すべてのスイッチやコンセントにこだわりすぎるとどんどん費用はかさみますので、
          見せ場のここぞという部分には、気に入ったスイッチを入れるのは有効です。
          毎日触るところですからね。
          プレートだけの交換であれば、住みながらDIYで取り替えることは簡単です。
           

          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << July 2020 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

          others

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM